アパート建設で理想的な土地活用を実現できました

快適住宅設備を取り入れた好評な物件で入居者の定着率も高い

木造の場合には騒音の問題が発生することもありますが、メゾネットタイプの間取りで上下階での騒音発生を防止したこと、各隣接住戸の壁の部分にクローゼットを配置して生活音の緩衝部分を設定したことなども、快適な住環境の実現につながっているものと考えています。
また見栄えに関しても気を配り、入居している方が満足感を得ることができるように高級感やステータス感を味わうことのできる雰囲気を作っています。
これらのことから高い入居率と利回りが実現できていますので、土地活用方法の一つとしてアパート経営がとても優れているものだと実感しました。
しっかりとした収益を得ることができるアパートでの土地活用は、やはり入居する人のニーズに合わせた住宅を提供していくという観点が欠かせないものと言えます。
自分自身が住みたいと思えるような高品質な住宅設備であったり、使いやすく快適性の高い間取りであったりと、住み心地の良さを重点的に考えてのプランニングとしました。
また、完成後も建物の資産価値を維持するために住環境を整えるべく清掃や除草なども定期的に自分の手で行っています。
このような地道な努力も物件の維持と収益確保のためには必要な作業であると、これまでの経験からわかりました。

相続で複数の土地を持つことになりファミリー向けアパートを建設快適住宅設備を取り入れた好評な物件で入居者の定着率も高い収益性の高いアパートの土地活用は入居者のニーズに合わせるのが大事